1. TOP
  2. 毛嚢炎にならないために:毛嚢炎とは?

毛嚢炎にならないために:毛嚢炎とは?

    毛嚢炎とは

    ワキの黒ずみ 毛嚢炎

    脱毛サロンを利用する時には、お肌のダメージが残らないように、ケアにも注意しなければなりません。

    まず、脱毛サロンで施術を行った後には、お肌に熱がこもっている状態になるため、毛嚢炎になりやすくなってしまいます。

    毛嚢炎とは?
    毛嚢炎とは毛包炎が悪化した状態のことをいい、毛嚢炎と毛包炎はほぼ同じ意味で使われます。
    毛包炎とは赤い小さなポツポツなのですが、毛穴に細菌が入り炎症が起きるのです。
    これによって膿が溜まってしまって悪化すると毛嚢炎となります。

    毛嚢炎になると、毛穴が炎症を起こしてしまいニキビのような状態(脇の黒ずみ・シミの原因)になってしまうのです。

    この状態を放置しておくと、炎症が酷くなり色素沈着が発生してしまいますので、施術後にはお肌を冷やすようにしましょう。

    肌を冷やすことによって、溜まっていた熱もクールダウンしてきますので、肌の炎症や赤みも改善させることができるのです。

    ニキビのような症状が出てきたとしても、冷やすことによりそれ以上の悪化を防げるようになりますので、綺麗なお肌を維持することができます。

    ただし、氷をそのままの状態でお肌に付けることにより、肌にダメージを与えてしまいますので、ダメージを防ぐためにはタオルを濡らして使用するようにしましょう。

    脇の黒ずみケア

    Lapomine(ラポマイン)

    Lapomine(ラポマイン)

    ”脇の黒ずみ”と”脇のニオイ”の両方を解決することができるということで大人気
    【アットコスメ デオドラント部門 急上昇ランキング1位】
    【デオドラント・制汗剤部門 クチコミランキング上位】

    ラポマイン 脇の黒ずみ

    脇の黒ずみを改善するクリームはほかにもあります。
    トップページで、脇の黒ずみを取る方法を紹介しています。

    脇の下の悩みとして、いろいろありますが、
    その中でも脇の黒ずみに関して悩んでいる人も多いと言われています。

    ここで断言しますが、脇の黒ずみは無理な自己処理が原因である場合が多いということです。

    そこで質問です。
    自己処理をされていますか。

    自己処理をしている方の大半はカミソリを使った無理な処理をしている人が多いと思います。

    実はカミソリを使うことが原因で、お肌の角質にダメージを与えてしまうことがその原因の1つです。

    皮膚はそのダメージを隠すために、どんどん厚く覆うようになります。

    それが色素沈着の原因となっており、徐々に黒ずみとなっていくのです。

    そのため、脇の黒ずみの原因は、無理な自己処理が理由と言えるのです。

    とはいえ、脇のムダ毛を処理しないわけにはいきません。

    その際には、無理に自己処理をするのではなく、脱毛サロンで脱毛してもらったほうが良いでしょう。

    脱毛はお肌にも優しいので本当におススメです。

    \ SNSでシェアしよう! /

    脇の黒ずみの原因@綺麗に治す解消法の注目記事を受け取ろう

    毛嚢炎とは

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    脇の黒ずみの原因@綺麗に治す解消法の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア