1. TOP
  2. 妊娠中の脇の黒ずみについて:産後に治る?

妊娠中の脇の黒ずみについて:産後に治る?

    妊娠中や産後の脇の黒ずみについて

    妊娠中の脇の黒ずみ

    妊娠中や産後はホルモンバランスの変化が原因で、普段よりもお肌が弱くデリケートになっているので、脇などの皮膚の薄い部分は黒ずみなどの色素沈着が起こりやすくなります。

    わき以外にも、お腹やおしり、股などにも・・。

    他にも衣服での擦れや、剃刀を使った自己処理の脱毛をしたり、ホルモンバランスの乱れなども原因のひとつです。

    • 産中産後の脇の黒ずみはなぜできるの?
    • いつか消えるの?
    • 産中産後でできるお手入れは?

    と、不安になる方もおられるでしょう。

    妊娠中の脇の黒ずみ:産後のケア

     
    そこで妊娠中の脇の黒ずみを自宅でも実践できる産後ケア法をいくつかご紹介いたします。
     

    生活の中での工夫

    産中産後の黒ずみは、ホルモンバランスの崩れや衣類による擦れなどもあるので、着用する衣類はお肌に優しい素材を選んだり、十分な休息や睡眠を得ることも大事です。
     

    衣服

    衣類などの擦れも原因のひとつなので、オーガニックコットン素材の衣類や下着類を選んで着用すると通気性に優れており、蒸れを防ぐ効果があるので衣服での擦れ対策も欠かせなくなっています。

    脱毛は電気シェーバーがおすすめ

    産中産後はホルモンバランスが崩れやすく、普段よりもお肌が敏感になっているので、脱毛をする時は剃刀などは使用せずに電気シェーバーなどを使ったほうが良いでしょう。

    ピーリング

    美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、ピーリングで角質除去なども受けられますが、妊娠中や産後は通院が難しい人がほとんどですし、肌トラブルの原因になるので避けたほうが良いでしょう。

    ビタミンEを含む食品

    体の血流が悪くなると黒ずみなどの色素沈着の原因になるため、うなぎやオリーブオイル、ナッツ類などのビタミンEが豊富に含まれている食品を摂取するのもお勧めします。
    ビタミンEは体の血流を促進する働きがあるので、冷え性を改善したり、皮膚の新陳代謝を高める効果があります。

    ピーリング 妊娠中や産後の脇の黒ずみについて

    妊娠中の脇の黒ずみの専用クリーム選び方

    黒ずみ専用のクリームを選ぶ時は、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの美容成分が豊富に含まれており、脇などの皮膚の薄い部分でも使用できる商品が人気です。

    黒ずみ対策の専用クリーム

    妊娠中や産後はホルモンバランスの変化が起こりやすいので、様々な体の不調を感じている人が多いですが、脇などの皮膚が薄い部分はお肌が乾燥しやすく、色素沈着が起こりやすいです。
    剃刀や電気シェーバーを使った脱毛をしていないのに、脇の黒ずみが見られる場合は自宅でのケア法を知っておく必要があります。

    黒ずみ対策の専用クリームは無香料で安全性の高い素材で作られているので、黒ずみの気になる部分に適量をなじませておくことで、少しずつ改善してきます。
    人間の皮膚は28日から、40日ぐらいでターンオーバーを繰り返しているので、すぐに効果が実感できなくても1、2か月は続けることが大事です。

    出産後半年ぐらいを経過すると女性ホルモンの分泌量も落ち着いてきて、生理も始まるので少しずつ体調が良くなってきたり、お肌の調子も良くなってきます。
     
     

    安全性の高いものを

    黒ずみ対策の専用クリームはドラッグストアやインターネット通販でも購入ができますが、妊娠中や産後はお肌が弱くデリケートになっているので、無添加で安全性の高い素材で作られた商品がお勧めです。
     
     

    ピューレパール

    ピューレパール

      

    ピューレパールは美わきが欲しい女性のための「脇の黒ずみ」ケア専用の美白ボディジェルです。

    合成香料・着色料・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤無添加のデリケートな肌の方でも使えると評判です。

    公式サイトによると

    妊娠中や授乳中の場合にご使用いただいても特に問題はございません。
    ですが、万が一お肌に異常を感じた場合はすぐに使用を中止し医師にご相談の上、ご使用を検討してください。

    と、ありますので、こちらなら妊娠中や授乳中でも使用できそうです。
     
     
    ピューレパール 脇の黒ずみ

     

    妊娠中の黒ずみ:授乳が終わった後のケア

    授乳が終わった後も子育ては続きますが、気分転換も兼ねてママのストレスケアもしましょう。
    赤ちゃんの世話は少しの時間パパにお任せして、美容皮膚科や皮膚科に通院するのも息抜きになって良いかと思います。

    インターネット通販のお店では黒ずみ対策専用クリームが販売されていますが、普段よりもお肌がデリケートになっているので、安全性の高い成分のみで作られている商品を使ってみると良いでしょう。

    産中産後の黒ずみの原因をきちんと理解をして、栄養バランスの良い食事を心掛けたり、十分な休息や睡眠を心掛けることも大事です。

    自宅でのケアでお肌の調子が整ってきたら、ピーリングで角質除去なども受けてみると良いでしょう。


     
     

    ピーリングで角質除去

    自宅で黒ずみ対策のケアをしているけれど、なかなか改善しない場合はピーリングで角質除去がお勧めです。
    ピーリングで角質除去による角質除去は、安全性に優れており美容皮膚科や皮膚科では大変ポピュラーな方法なので一度通院をして相談をしてみると良いでしょう。

    ピーリングの施術を受けると、古い角質を取り除くことが出来るので、少しずつお肌に透明感が出てきます。
    ピーリングを受けた直後はお肌が大変デリケートになっているので、低刺激でお肌に負担の少ない基礎化粧品を使ってきちんと保湿をしておきましょう。
     
     

    保湿効果の高いクリームでお手入れ

    産中産後の黒ずみの原因はお肌が乾燥することが原因なので、皮膚が乾燥したり、衣類などで摩擦を受けた時は保湿効果の高いクリームを使ってお手入れをする習慣を付けましょう。
     
     

    ピューレパール

    ピューレパール

     
     

    ピューレパールは美わきが欲しい女性のための「脇の黒ずみ」ケア専用の美白ボディジェルです。

    合成香料・着色料・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤無添加のデリケートな肌の方でも使えると評判です。

    公式サイトによると

    妊娠中や授乳中の場合にご使用いただいても特に問題はございません。
    ですが、万が一お肌に異常を感じた場合はすぐに使用を中止し医師にご相談の上、ご使用を検討してください。

    と、ありますので、こちらなら妊娠中や授乳中でも使用できそうです。
     
     
    ピューレパール 脇の黒ずみ

     
     

    産中産後の黒ずみ:まとめ

    産中産後の黒ずみは、脇は皮膚が薄くデリケートな部分なので普段から黒ずみが発生しやすい部分ですが、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるので、普段よりも肌荒れがしやすく色素沈着が起こる原因になります。

    出産後はお子様が夜泣きをしたり、夜間でも授乳をする必要あるので、睡眠不足になりやすく、皮膚の新陳代謝が遅れ気味になることも。

    これまでより気を使ったお手入れを心がけたいものですね。

    \ SNSでシェアしよう! /

    脇の黒ずみの原因@綺麗に治す解消法の注目記事を受け取ろう

    妊娠中や産後の脇の黒ずみについて

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    脇の黒ずみの原因@綺麗に治す解消法の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア